最近、(こちら ↓ の記事のときから) Assembly Definition Files を使い始めたところです。


Editor
フォルダに Assembly Definition Files を適用する場合は、PlatformsEditor 欄にチェックを入れておく必要があるようです。
そうしないと、(Unity エディター内でも)エディタ拡張が機能しなくなってしまうようです。
スクリーンショット (743).png

Editor フォルダの中身 (=エディタ拡張)は「どのプラットフォームのビルドにも含める必要がない」と考えて、すべて除外する設定にしていたのですが、それではダメだったのですね。


以下の記事でも解説されていますね。(自分でやってみて失敗するまで、よく意味を分かっていませんでした)

今回は以上です。