こちらの記事で紹介されている内容を真似してみました。



設定時につまずいたところ

設定は上の記事のとおりなのですが、はじめ自分の環境ではここ ↓ の+ボタンをクリックしても反応しませんでした。(Unity2019.1.0f2、Windows)
スクリーンショット (1090)

Package Manager で、Lightweight RP のバージョンを 5.13.0 に上げてやることで設定できるようになりました。(ぜの氏 @xenopaper さんに教えていただきました。ありがとうございます!)
スクリーンショット (1091).png


試してみた結果

試してみた結果を紹介しておきます。
スクリーンショット (1095).png


まずは普通にシルエット表示。


次は、同じレイヤーのオブジェクト同士では、かげに隠れてもシルエット表示にならない設定。


最後に、オブジェクト(レイヤー)の種類ごとにシルエットの色を変える設定。


設定はだいたいこんな感じー。
スクリーンショット (1093).png
スクリーンショット (1094).png

LWRP の設定、できることなどを徐々におぼえていきたいと思います。

今回は以上です。