今回はまったくUnityに関係ないです。すみません。

スマホの買い替えであれこれ苦労した話をとりとめもなく書き綴ろうかなと。
最終的には au のまま、機種変更で済ませました。
sumaho


年老いたスマホ

先代の老スマホは何年も使っていて、最近はチャタリングがひどく、メールを打つにもGoogleマップを操作するのにもストレスフルで、とても皆様の作ったゲームをプレイできるような状態ではなくなってしまっていたので、ついに買い換えることに。

で、せっかくだからキャリアも変えて、格安SIM業者も候補に入れてみようかなと。


MNP番号を発行してもらおうとしたけれど

他の業者に乗り換えるには MNP番号 というのを発行してもらわなければいけないらしく。電話して発行してもらうらしい。

「電話で」というところで面倒そうな予感はしたが、実際面倒だった。
  • au の MNP 番号発行受付窓口は 9:00 から 20:00 まで
  • 担当者が電話に出るまで10分前後待たされる
  • あれこれ質問される(どこに乗り換える予定なのか、とか)

それで、未確定だが某社に乗り換える予定であると旨を伝えると、「ねぎたまさんは長期間 au をご利用いただいているので、このまま au を使い続けていただけるなら、機種変更用のクーポンをお付けできますよ。機種によって値引き額が異なりますが、最大3万円以上値引きが効きますよ。たとえば〇〇とか。詳しくは店頭で」などと案内される。

調べてみると、例に挙げられた機種「AQUOS R2」はもともと乗り換え予定だった「AQUOS sense2」よりも上位機種らしく、antutu スコアという性能指標で数倍の差が。うーん、これは悩ましい。


格安SIMに乗り換えと、クーポン利用機種変更、どっちにする?

あらためて、格安SIMに乗り換える場合と、au の機種変更で済ませる場合、どっちにするか悩むことに。(au の思うつぼ感はあるものの)

今回は、こんな感じの比較になりました。

格安SIMへ乗り換える場合

  • 2年縛りの途中解約になるので、1万円ほど au に納める必要あり(ヘイトたまるが、現状そういうルールなので仕方なし)
  • MNP 番号発行手数料が 3千円ちょいかかる(これもヘイトたまるが。。。)
  • 機種は変更したい。予定機種は AQUOS sense2 で、だいたい 33,000円ほど
  • 以上で、トータル約5万円の乗り換えコスト
  • 利用料金は月額 1,500 円くらい(mineo の場合。データ通信量 3G プラン)
  • 格安SIM業者もそれぞれ特徴あり。UQは高速だけど2年目以降利用料金値上がり。mineoは2年目以降も利用料金変わらないが速度は劣る、など。

au の機種変更で済ませる場合

  • クーポン利用で、AQUOS R2 などにだいたい2万円くらいで乗り換えできる、らしい
  • 利用料金は現状と変わらず。とにかく一番安いやつにしているつもりで、月 3,600 円くらい(データ通信量 1G プラン)

2年縛りの区切り月を逃したばかりで、解約すると au に1万円徴収されることと、クーポンが思ったよりもかなりもらえるということに釣られて、au へのヘイトをためつつも、au 継続に気持ちが傾く。イマドキの性能の良い機種も触ってみたいし。。。


au 店舗で見積もり出してもらったが、、、

MNP 電話窓口で「詳しくは店頭で!」的な案内をされたので、さっそく au ショップへ向かう。
で、見積もりを出してもらったが、、、電話で聞いた金額と1万円の開きが!

「あれれ、これはおかしいですよ。電話では2万円になるって言われたのに。1万円も違う」
「ほんとですか。でもそういう金額にはできないですね」
「なんでそういうことになるんだろう。ワイは騙されたのかな(チョイイライラ」
「3万円値引きって言われたんですか。うちではそういう値引きはやっていませんね。。。正直、機種の販売価格は店舗によって異なるので、その差はあるかもしれません」

などというやりとりをして、いったん引き上げる。

何がワイの勘違いで、何が au のフェイクなのか。分からない。

深呼吸した後、近所の別の au ショップを訪問することに。


2件目の au ショップで見積もりをもらう

そのまま別の au ショップを訪問。ふたたび AQUOS R2 の見積もりをもらう。

・・・あれ、さっきと1万円違う。これ電話で聞いた額だ。

  • たしかに au ショップ間で販売価格が違う(5,000円違った)
  • クーポンによる値引き適用は共有されていて、その値引き額は一緒
  • 「販売価格に手続き手数料が含まれているので、それを抜くとこうなります」と説明され、‐5,000円
これでさっきの店舗と1万円の差が。

見積もりをもらうときに、他業者への乗り換えと天秤にかけている旨も説明。
それで、「まだ悩んでいるので、MNP番号はもらっておきたいんですが」と伝えると、「MNP番号は電話で発行してもらってください」と言われる。ぐぬぬ。

・・・ MNP は面倒だ。ヘイトたまるぜ。

さらに店員さんに「MNP番号を発行してもらうと、その時点で3千円払うことになるんですか?」と聞くと、「いえ、契約が確定してからです」とのこと。

ほーん、ならMNP番号だけはもらっておくか。

機種変更の見積もりはゲットしたので、いったん退却。


MNP番号だけもらっておいて悩む、はできなかった

いったん帰宅。
この時点で、「正直もう au で機種変更でいいや」とは思っているものの、MNP の手続きの経験値は積んでおくか、ということで、再度 MNP 発行窓口に電話。

また10分待って担当者につながり、またさっきと同じ質問に答える。「さっきも電話して答えたんですが」と伝えたが、「担当者が違うのでもう一度お願いします」と言われた。ヘイトたまる。

「どちらにお乗り換え予定ですか?」
「いや、まだ確定じゃなくて、au 機種変更の見積もりももらっているんですが。ただ MNP 番号を出してもらうのが面倒そうなので、先に番号だけはもらっておきたくて」
「それはできませんよ」
「え?」
「それはできません。MNP番号を発行すると、仮の解約状態になってしまうので、その状態では契約内容の変更等はできないんです。仮の解約状態を解除しないといけなくなります」
「えええ・・・」

さっきの au ショップの人の説明にはなかったな。こっちの説明不足もあったか。ぐぬぬ。
時間を無駄にした。


機種変更した。手数料取られた

もう疲れた。もういいや、さっきの au ショップで機種変更しよ。

で、au ショップに向かい、機種変更を済ませる。

手続き時に、さきほど「機種の販売価格」からは抜いた 5,000 円をとられた。
なんじゃそりゃ。。。もうそれに突っ込む気力なし。

もうね、勘違いとフェイクにまみれて、ひどい気持ち。

月々の利用料金からは全部オプション抜いて、月額 3,200円に。保険も抜いた。


ということで、無事に?機種変更終了

とにかく、無事に?機種変更終了しました。

新機種はとても快適で、積もり積もったヘイトも消えていきます。

2年後再チャレンジするで。


新機種へのデータ移行など

今回は先代の機種を下取りに出していないので、手元に残っています。データの移行は気が向いたときにでもやろうかなと。

アドレス帳の移行

これはもともとGoogle管理していたので問題なし。Googleにつなげて同期して完了。

Edyの移行

電子マネーは Edy をメインで使っていますが、これの移行も簡単でした。


各種アプリの再ログインが面倒

以前使っていたアプリを新機種にもインストールしているのですが、ログインパスワードを忘れているものが多くてとても面倒です。
これはひとつずつ再発行してもらったりしていくしかないですね。人類はいつパスワード地獄から解放されるのか。



と、こんな感じです。

これからは皆さまの作ったゲームやアプリをたくさん試せるなと思って、ワクテカしておりまする。

今回は以上です。