(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


今回はVR用アセット「VRTK」に収められているスクリプト「VRTK_ControllerActions」の概要を説明します。VR空間でコントローラー(HTC Viveなら付属のViveコントローラーなど)のアクションを扱うベースとなるスクリプトです。

SnapCrab_NoName_2017-1-28_14-3-10_No-00

■公式サイトの解説

まずは公式サイトによる解説。これで用が足りる方は以下を読む必要はありません。
VRTK_ControllerActions · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。誤り等があれば指摘してもらえると大変ありがたいです。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。

■概要

  • VRTK_ControllerActions スクリプトは一般的なコントローラーアクションを取り扱うためのヘルパーメソッドを提供する。コントローラーがアクションを行えるようにする。
  • コントラーのハイライティングはデフォルトでは VRTK_MaterialColorSwapHighlighter が使われる。もしほかのハイライターが適用されていなければ。
  • ※補足: このスクリプト単体で何かを行うのではなく、他のスクリプトを動かすための基盤となる位置づけのスクリプトと考えておけばよいと思います。

■インスペクタのパラメータ

  • Model Element Paths: 実行時にコントローラーモデルのサブ要素を識別するためのパスを定める文字列のコレクション。値が空白ならデフォルトでSDK Bridgeのパスが選択される。(※ オプションの説明はVRTK公式サイトを参照してください)
  • Element Highlighter Overrides: コントローラーのサブ要素のハイライターをオーバーライドするコレクション。(※ オプションの説明はVRTK公式サイトを参照してください)

■関連するExamples

関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。