(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


今回はVR用アセット「VRTK」に収められているスクリプト「VRTK_ControllerEvents」の概要を説明します。VR空間でコントローラー(HTC Viveなら付属のViveコントローラーなど)を扱うためのスクリプトです。

SnapCrab_NoName_2017-1-28_13-12-45_No-00


■公式サイトの解説

まずは公式サイトによる解説。これで用が足りる方は以下を読む必要はありません。
VRTK_ControllerEvents · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。誤り等があれば指摘してもらえると大変ありがたいです。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。

■概要

  • VRTK_ControllerEvents スクリプトはゲームコントローラーが送り出したイベントを取り扱う。
  • VRTK_ControllerEvents スクリプトは同じオブジェクトにController Mapperスクリプトを必要とし、コントローラーの各ボタンにイベントリスナーを提供する(システムメニューボタンを除く。これはオーバーライドできず、いつもSteamによって使用される)。
  • コントローラーのボタンが押されたとき、このスクリプトはボタンが押されたことを示すイベントを発する。他のスクリプトはいかなるコントローラーロジックも実装せずにこのイベントをリッスンすることができる。コントローラーのボタンが離されたとき、このスクリプトはボタンが離されたことを示すイベントを発する。
  • このスクリプトはpublicなbooleanである Pressed State を持ち、ボタンが押し下げられているかを他のスクリプトによってチェックすることを許す。
  • ※補足: このスクリプト単体で何かを行うのではなく、他のスクリプトを動かすための基盤となる位置づけのスクリプトと考えておけばよいと思います。

■インスペクタのパラメータ

  • Pointer Toggle Button: レーザーポインターを On / Off するのに使うボタン。
  • Pointer Set Button: ポインターのカーソルから行先マーカーをセットするのに使うボタン。
  • Grab Toggle Button: ゲームオブジェクトを掴むのに使うボタン。
  • Use Toggle Button: ゲームオブジェクトを「使う」のに使うボタン。
  • Ui Click Button: UI要素をクリックするのに使うボタン。
  • Menu Toggle Button: ゲーム内メニューを表示するのに使うボタン。
  • Axis Fidelity: 軸変更の忠実度を示す量。デフォルトでは1。2以上の値はセンシティブすぎるだろう。
  • Trigger Click Threshold: トリガー軸がクリックとして反応する水準・しきい値。
  • Grip Click Threshold: グリップ軸がクリックとして反応する水準・しきい値。

■関連するExamples

関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。