(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


今回はVR用アセット「VRTK」に収められているスクリプト「VRTK_InteractControllerAppearance」の概要を説明します。VR空間で物に触れたとき・掴んだとき・使ったときのコントローラーの表示・非表示を定めます。

SnapCrab_NoName_2017-1-28_16-29-29_No-00

■公式サイトの解説

まずは公式サイトによる解説。これで用が足りる方は以下を読む必要はありません。
VRTK_InteractControllerAppearance · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。誤り等があれば指摘してもらえると大変ありがたいです。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。

■概要

  • VRTK_InteractControllerAppearance スクリプトは、コントローラーが(インタラクタブルオブジェクトを)触れた・掴んだ・使ったとき、コントローラーモデルを表示するか非表示にするかを定めるために使用します。

■インスペクタのパラメータ

  • Hide Controller On Touch: 有効なタッチが発生したとき、コントローラーを非表示にする。
  • Hide Delay On Touch:  タッチしてからコントローラーを非表示にするまでの(遅延)時間。
  • Hide Controller On Grab: 有効なGrab(掴む)が発生したとき、コントローラーを非表示にする。
  • Hide Delay On Grab: 掴んでからコントローラーを非表示にするまでの(遅延)時間。
  • Hide Controller On Use:  有効なUse(使う)が発生したとき、コントローラーを非表示にする。
  • Hide Delay On Use: 使ってからコントローラーを非表示にするまでの(遅延)時間。

    ■関連するExamples

    関連するExamplesについての解説記事です。

    ■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

    VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。
    今回は以上です。