(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_UIDraggableItem の概要です。
(VR空間の)UIキャンバス上でドラッグ可能なUI要素を作成します。

■このクラスは  MonoBehaviour, IBeginDragHandler, IDragHandler, IEndDragHandler を継承しています。

全画面キャプチャ 20170217 205858

■公式サイトの解説

まずは公式サイトによる解説。

VRTK_UIDraggableItem · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。誤り等があれば指摘してください。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。

■概要

  • VRTK_UIDraggableItem は、UIキャンバス上でドラッグ可能なUI要素を作成する。
  • もしUI Draggableアイテムが Restrict To Drop Zone = true にセットされている場合は、UI Draggableアイテムは、VRTK_UIDropZone スクリプトが適用されている要素の子でなければならない。

■インスペクタのパラメータ

  • Restrict To Drop Zone: このチェックボックスをオンにすると、UI要素は有効なVRTK_UIDropZone オブジェクトにのみドロップでき、VRTK_UIDropZone オブジェクトの子として開始する必要がある。このチェックボックスをオフにすると、UI要素をキャンバスのどこにでもドロップできる。
  • Restrict To Original Canvas: チェックされている場合、UIエレメントは元の親キャンバスにのみドロップできる。チェックを外すと、有効などの VRTK_UICanvas にも UI要素をドロップできる。
  • Forward Offset: ドラッグ中にUI要素を前方に移動させるオフセット。
 全画面キャプチャ 20170217 211640-001

■関連するExamples

関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。