(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_UIPointer の概要です。
(VR空間の)UIキャンバスにインタラクトできるポインターです。

SnapCrab_NoName_2017-2-17_14-11-34_No-00


■公式サイトの解説

まずは公式サイトによる解説。

VRTK_UIPointer · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。誤り等があれば指摘してください。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。

■概要

  • VRTK_UIPointer は、ワールドキャンバス上のUnity UI要素にインタラクトするためのメカニズムを提供する。UIポインターは、VRTK_BasePointer と同じ方法で任意のゲームオブジェクトにアタッチすることができる。またUIポインターは、コントローラーがポインターのアクティブ化とポインターのクリック状態を開始する必要がある。
  • VRTK_UIPointer を使用する最も簡単な方法は、シンプルポインタとともにスクリプトをゲームコントローラにアタッチすることであり、これによってUIレイがどこを指しているかを視覚的にフィードバックする。
  • VRTK_UIPointer は VRTK_ControllerEvents の Pointer エイリアスによって有効化され、クリック状態は VRTK_ControllerEvents の UI Click エイリアスによってトリガーされる。

■インスペクタのパラメータ

  • Controller: ポインタを切り替えるために使用されるコントローラ。スクリプトがコントローラに適用されている場合、このパラメータは空白のままにしておくことができる。これは、実行時にスクリプトがオンになっているコントローラによって自動入力されるため。
  • Pointer Origin Transform: ポインタの原点として使用するカスタム transform。何も設定されていない場合、スクリプトがアタッチされている transform が使用される。
  • Activation Mode: いつポインターが有効になるかを定める。
  • Click Method: いつUIクリックイベントアクションが起こるかを定める。
  • Attempt Click On Deactivate: ポインタが無効になったときにUIクリックアクションをトリガするかどうかを定める。ポインターがクリック可能な要素の上にホバーしている場合、その要素に対するクリックアクションが呼び出される。注:Click Method = Click_On_Button_Up のときのみ稼働する。
 SnapCrab_NoName_2017-2-17_14-51-17_No-00

■関連するExamples

関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。


今回は以上です。